納付要件について質問です。

免除期間は未納扱いにならないと思うのですが、半額免除の場合でも未納にはならないでしょうか?

投稿日:2016/07/18 14:36:11 投稿:トモ

回答数 3件

田平篤史

田平篤史社労士

  • たびら社会保険労務士事務所
  • 熊本県上益城郡益城町広崎1021-16
096-221-1318

半額免除となっていますので、残りの半額は納付義務があります。
なので、残り分を納付すれば未納扱いにはなりません。
逆に免除になっていない部分を納付していなければ、未納扱いになります。
この考え方は、3/4免除、半額免除、1/4免除全て共通です。

投稿日:2017/07/12 13:34:34

小玉 崇

小玉 崇社労士

  • 小玉社会保険労務士事務所
  • 大阪府茨木市北春日丘1-10-38
080-5334-4973

小玉@社労士です。半額免除でも、未納扱いにはなりません。ただし、その分、後に支給されるであろう老齢基礎年金の額が減ります。全額払い>半額払い>全額免除の順に老齢基礎年金の額が変わります。つまり、免除ばかりではもし障害状態が軽減された場合、年金額自体が非常に低廉な物となり、生活費として耐えられないモノとなる可能性があります。よって、払えるときにはなるべくきちんと払っておいて下さいね。(^^)

投稿日:2016/11/15 13:03:09

小西一航

小西一航社労士

  • さがみ社会保険労務士法人
  • 神奈川県平塚市紅谷町11-14  林ビル3階

半額免除は「初診日の前日」までに免除された残りの部分を納付していれば、納付済になります。(その他の一部免除も同じ)

「初診日の前日」というのは、仮に病気やケガで医療機関を受診した後に慌てて納付をしても「後出しだからその受診の原因となった病気やケガについては納付済として認めません」というものです。この場合は未納扱いになります。全額免除や納付猶予の手続きをしている場合は未納扱いになりません。

投稿日:2016/07/24 14:30:40

この質問に回答する

ニックネーム
質問への回答

注目の社労士

鈴木 雅貴社労士
鈴木 雅貴社労士
鈴木事務所
日野美喜生社労士
日野美喜生社労士
日野社会保険労務士事務所
遠藤 隆社労士
遠藤 隆社労士
新横浜障害年金相談センター(社会保険労務士法人ポラリス・コンサルティング)
大塚 涼二社労士
大塚 涼二社労士
大塚社会保険労務士事務所
藤井 啓司社労士
藤井 啓司社労士
藤井社会保険労務士事務所
熊岡政道社労士
熊岡政道社労士
マック社労士事務所
村田博社労士
村田博社労士
奈良中央障害年金相談センター

社労士回答数ランキング

小西一航社労士
回答数1位
小西一航社労士
横田眞治社労士
回答数2位
横田眞治社労士
深川勤弘社労士
回答数3位
深川勤弘社労士
田平篤史社労士
回答数4位
田平篤史社労士
野中房代社労士
回答数5位
野中房代社労士
熊岡政道社労士
回答数6位
熊岡政道社労士
小玉 崇社労士
回答数7位
小玉 崇社労士
日野美喜生社労士
回答数8位
日野美喜生社労士
北澤幸利社労士
回答数9位
北澤幸利社労士
石塚朋子社労士
回答数10位
石塚朋子社労士