診断書について

約10年 関節リウマチと膠原病を患っています。両手の関節の変形が酷く、最近障害年金を知り 事後重症で申請しようと思い、書類や診断書を進めていますが、初診日の診断書は頂けたのですが、今通っている大学病院で、診てもらっているのが内科なので、関節についての診断書が書けないとキッパリ断られてしまいました。大学病院の中の整形外科ではお願いできないかと尋ねたところ、診断書の為には診てくれないようで、書いてもらえる可能性は無さそうです。
その場合、診断書を書いてもらう為 他の整形外科で大丈夫なのでしょうか?それとも諦めた方が良いのでしょうか…
かかりつけの病院に断られると思わなかったので、どうして良いか分からない状態です。
何かアドバイスを宜しくお願いします。

投稿日:2018/09/13 16:09:32 投稿:おはな

回答数 6件

野中房代

野中房代社労士

  • 野中労務管理事務所
  • 静岡県三島市泉町13-7
055-971-3601

少し気になりましたのでコメントさせていただきます。

>約10年 関節リウマチと膠原病を患っています。両手の関節の変形が酷く、最近障害年金を知り 事後重症で申請しようと思い、書類や診断書を進めています

とありましたが、
初診日から1年6ヶ月経った日の状態が
①そこまで変形が酷くなく、普通に生活ができていたのか、
②診断書が取り寄せできないためにあきらめたのか、
が気になりました。
①でしたら事後重症で良いと思いますが、
②でしたら障害年金専門の社労士に一度ご相談ください。


それと、他の社労士さんも記載の通り、レントゲン写真のコピーを添付するのは良い場合があります。
例えば、中手指節関節や近位指節間関節(おや指は指節間関節)の屈曲・過伸展などスワンネック変形の状態や、骨と骨の癒着状態等が分かると認定医が判断しやすいものと思われます。


また、私見ですが、内科の先生が診断書を書かないとおっしゃっているのは、診断書が「肢体」の診断書で、書く内容が可動範囲等の整形の部類の話だからということではないでしょうか。
現在の症状について書いてもらう診断書については、新しく整形の先生に診ていただき書いていただくことで解決できると思います。

投稿日:2018/10/13 14:44:28

深川勤弘

深川勤弘社労士

  • 障害年金センター熊本(社会保険労務士ふかがわ事務所)
  • 熊本県八代市鏡町宝出245

障害年金の審査にかかりつけの病院かどうか、というのは関係ありません。
今回の場合、障害年金を受給するためには違う病院を何度か受診して診断書を書いてもらう必要があるようですね。
幸い初診日の証明は取れているようですので、あとは現在の症状を的確に診断書に書いていただける病院探しが重要だと思います。
不安であれば、有料にはなるかもしれませんが、同行してくださる近くの社労士さんを見つけてお願いするのも手です。

投稿日:2018/09/14 15:45:31

深川勤弘

深川勤弘社労士

  • 障害年金センター熊本(社会保険労務士ふかがわ事務所)
  • 熊本県八代市鏡町宝出245

まずは現在の内科の先生に、「障害年金を受給するためには診断書が必ず必要なこと」、「診断書を書けるのは先生しかいないこと」を訴えてみてはいかがでしょうか?
医師は病気を治すことが仕事であり、診断書作成に慣れてない方が多いです。もしかしたら内科の先生は専門外の診断書を書いて不支給になったらどうしよう、とお考えなのかもしれません。
私もうまくは言えませんが、不支給になっても先生に責任はないことを伝えてみてはいかがでしょうか?
それでもだめならカルテ開示請求を行いましょう。
そのカルテをもとに他の整形外科で診断書を書いてもらえるかもしれません。
それでも断られたら、最終手段として診断書を書いてくれそうな病院に転院するという手もあります。
ただ、一番の目的は治療をすることなので、障害年金のためだけに転院するのはあまりおすすめできません。

投稿日:2018/09/13 18:59:51

ご丁寧にありがとうありがとうございます。審査に影響が無いと聞き安心しました。
診てもらえる整形外科を探す方向で進めたいと思います。
そして両手の写真を添付する と言う考えは無かったので、アドバイスありがとうございました。

また何か分からないことがあれば、よろしくお願いします。

投稿日:2018/09/14 16:28:20 投稿:おはな

ご回答ありがとうございます。
主治医の先生に 障害年金の為の診断書と伝え、2度ほど頼みましたが やはり書けないとの事で、先生の方から診断書を書いてくれそうな整形外科に ご自分で頼んで下さいと言われています。
病院を変えるつもりは無く、他の整形外科で1度診て頂いて その後に診断書を書いて頂きたいのです。
もし書いて頂けたとして、かかりつけの病院では無いので審査などに影響がありますか?
とにかく日常の生活が不自由なので、何とか支給が通るように進めたいです。障害年金の審査は 診断書がほぼ全てと聞くので、親身になって診ていただける病院でないと、簡単に記入されてしまいそうで不安です。
こういう場合は、やはりプロの方に依頼した方が良いのでしょうか?
長くなり申し訳ありません。

投稿日:2018/09/14 07:51:05 投稿:おはな

事後重症請求ならば新しく受診する病院に診断書を依頼する事に何の問題もないですよ。
精神なんかと違い現症日の状態がわかれば
いいのですからね。
新しい先生に初診日証明を見せて発病と初診日を申し立ててさっそく準備した方がいいです。
あと、もし出来上がった診断書に指などの変形具合が正確に反映されてなかった場合などには両手の写真を添付するのいいと思います。

投稿日:2018/09/13 20:07:24 投稿:別になし

この質問に回答する

ニックネーム
質問への回答

注目の社労士

鈴木 雅貴社労士
鈴木 雅貴社労士
鈴木事務所
日野美喜生社労士
日野美喜生社労士
日野社会保険労務士事務所
遠藤 隆社労士
遠藤 隆社労士
新横浜障害年金相談センター(社会保険労務士法人ポラリス・コンサルティング)
大塚 涼二社労士
大塚 涼二社労士
大塚社会保険労務士事務所
藤井 啓司社労士
藤井 啓司社労士
藤井社会保険労務士事務所
熊岡政道社労士
熊岡政道社労士
マック社労士事務所
村田博社労士
村田博社労士
奈良中央障害年金相談センター

社労士回答数ランキング

小西一航社労士
回答数1位
小西一航社労士
横田眞治社労士
回答数2位
横田眞治社労士
深川勤弘社労士
回答数3位
深川勤弘社労士
田平篤史社労士
回答数4位
田平篤史社労士
野中房代社労士
回答数5位
野中房代社労士
熊岡政道社労士
回答数6位
熊岡政道社労士
小玉 崇社労士
回答数7位
小玉 崇社労士
日野美喜生社労士
回答数8位
日野美喜生社労士
北澤幸利社労士
回答数9位
北澤幸利社労士
石塚朋子社労士
回答数10位
石塚朋子社労士